インパクト投資に関するレポートは、欧米をはじめとして数多く出ていますが、英語で長文の資料も多く、海外のインパクト文献をカバーするのは容易ではありません。そのようなニーズに答える無料サービスが実はあります。社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ(Social Impact Management Initiative, SIMI)のグローバルリソースセンターでは、インパクト投資・サステナブルファイナンス関連で重要な英語の文献を和訳し要約した資料を無料で閲覧することができるのです。…
3
インパクト測定・マネジメントへの取組みを通じてインパクト創出に貢献
3
日常的に食べているものがどの程度、環境に配慮したものになっているのか気にする消費者は増えてきているように思います。アメリカの調査結果ではありますが、商品を実際に購入する際に、消費者がサステナビリティを最も重視するカテゴリーは食品で、パッケージに気を遣う人も多くいるようです。…
インパクト投資は2000年代初期から米国や欧州を中心に始まりましたが、そこから20年近くを経て、一段と多様化しながら発展してきています。 先日の記事でご紹介したような、プライベートエクイティバイアウト投資手法でインパクト投資を行う超大型ファンド(TPG, KKR…
4
インパクトレポートを読み解く
2
インパクト投資界隈でもよく耳にするEdTech(Education X…
1
〜インパクト投資の基礎、米注目インパクトファンド、米英インパクト企業まで〜
1
ネスレやマイクロソフトなどが参画、最近はペプシコが出資
See all

ImpactShare